ENJOY LIFE 住まいの創夢

香川県高松市で始まる、子育て新生活を応援します

安心な土地づくり

不同沈下の損壊から
お客様の大切な財産とご家族をお守りします。

地盤調査、調査データの解析、そして地盤の状況に応じた基礎仕様・改良工事の提案により10年間の地盤保証システムを提供します。

ジャパンホームシールドの地盤対策

地形や立地条件から土地状況を読み、地盤の強度を調べます。
調査は住宅の建設に適したスウェーデン式サウンディング試験を採用しています。住宅の建設予定地にあわせて5ポイントの地盤データを採取。これより敷地内における地盤強度の偏りや深さごとの土の性質を知ることができます。
調査
調査データはもちろんあらゆる要素で解析します。 些細な危険要素も見逃しません。
調査で収集したデータを、独自のスキル、ノウハウを駆使して徹底的に解析した上で検討。地盤の周辺状況や柱状図から、建設予定地の不同沈下しない地盤の対応策を立案します。
解析
解析結果をもとに、改良の必要性があるかどうかをご報告します。
解析によって導かれた結果をもとに、お客様の土地に適した基礎仕様をご提案。詳細なデータや現場写真を添付した「地盤調査報告書」にて、調査結果をご報告します。
報告
解析の結果、軟弱地盤と判定した場合、土地状況に応じた基礎補強工事や地盤改良工事を提案し、地盤に関するあらゆる不安を取り除きます。
直接基礎良好な地盤の場合、地盤改良を採用せずに計画の基礎(標準基礎・ベタ基礎等)で判定いたします。
表層地盤改良表層部が軟弱な地盤の場合、表部の土に固定材を混合し、転圧する事により地盤を強固にする工法です。
林状地盤改良軟弱地盤が中間的に存在する場合、柱状に土・固化材・水を攪拌させ地盤改良杭を構築する工法です。
小口径杭支持層が深くに存在する場合、鋼管やRCパイル等を支持層まで建込み建物を支持する工法です。
point1不同沈下しない地盤の品質をお約束。
申込物件の地盤についてジャパンホームシールドの定める品質基準に適合していると判断できた場合に、その旨を保証します。
point2基礎着工日に始まり、お引き渡し日から10年間保証
品質保証
※保証期間の開始日はジャパンホームシールドが地盤品質の適合を確認した日および基礎着工日のいずれかの条件を満たした日となります。

ジャパンホームシールド株式会社
地盤保証システム規定(抜粋)

●総則
JHSは地盤保証システムを申込まれたビルダーに対し、地盤保証システム規程に基づいた物件の地盤についてJHSの定める品質基準に合格した事により、地盤保証システム規程を適用致します。
●対象とする建物
延床面積1,000m²以下の戸建住宅。
延床面積1,000m²以下で3階以下の共同住宅。
地盤調査または地盤改良工事の完了日から2年以内に引渡しをする建物。
●対象期間
基礎着工日に始まり、その該当物件が物件所有者に引渡しされた日から10年間が経過した日までとします。
●免責事項
・地震、噴火、洪水、津波、台風、竜巻、暴風雨、集中豪雨、落雷などの天災。
・火災、爆発、暴動などの不可抗力に起因するもの。
・地滑り、崖崩れ、断層、地割れ、および敷地の周辺にわたる地盤・地形の変動、沈下、その他予測できない自然、周辺環境の変化に起因するもの。
・JHSが承認していない増築、改築、修補工事が実施された場合。

地盤保証システムに関する Q&A

地盤調査はなぜ必要ですか。
土地に安定した住宅をたてるためには地盤の強度を知る必要があります。軟弱な地盤や強度に偏りのある地盤に建物を建ててしまうと不同沈下を引き起こし、住宅が損傷してしまうおそれがあります。
地盤調査にはどんな調査方法がありますか。
当社では主に、鉄棒の先に取り付けた抵抗体(スクリューポイント)を地中に挿入し、その貫入や回転などの抵抗から調査するスウェーデン式のサウンディング試験を用いています。敷地内における地盤強度の偏りや深さごとの土の性質を判断できる調査方法です。
地盤保証はなぜ必要なのですか。
地盤事故が起こった場合、お客様にストレス等の負担がかかってしまいます。地盤保証システムではJHSの解析力により、地盤を沈下させない品質を提供します。